春日山林泉寺(かすがさんりんせんじ):「直江兼続VS最上義光」〜決戦!出羽の関ヶ原・慶長出羽合戦

直江兼続(なおえかねつぐ) 最上義光(もがみよしあき)
春日山林泉寺(かすがさんりんせんじ)

明応5年(1496)、上杉謙信の祖父長尾能景が亡父重景の菩提を弔うため、越後春日山城の麓に建立したもので、その後上杉家の移封に伴い、越後春日山より会津・米沢に移転し、上杉家の菩提寺となりました。

林泉寺境内には、上杉藩主の妻子や一族の墓所があります。上杉景勝夫人菊姫の墓や、武田信清(武田信玄の六男)・直江兼続夫妻の墓(共に県指定史蹟)をはじめ重臣たちの墓が並んでいます。また、直江兼続逝去時の位牌を祀っています。

▼交通:JR米沢駅から車で約10分
    東北自動車道福島飯坂ICから車で約1時間
▼駐車場:有り(無料) 大型バス・自家用車可 他に第二中学校東側に大型バス待機所有り。
▼拝観料:〔境内参観〕100円 〔本堂〕300円
▼拝観時間:午前9時〜午後5時
▼所要時間:30分 (12月〜3月は要予約)
▼トイレ利用可
▼案内:ボランティアガイドによる案内可(市内ガイド1名1時間1,000円・予約制)
▼問合せ:春日山林泉寺(米沢市林泉寺1−2−3 TEL0238−23−0601)

▼地図:Google Maps
2007/11/05 16:28 (C) 戦国観光やまがた情報局
上杉景勝公正室 菊姫(大儀院)供養塔

2007/11/05 16:29
上杉景勝公生母 仙洞院(謙信の実姉)墓所

2007/11/05 16:30
武田信玄公六男 武田信清墓所

画像中央の五輪塔
2007/11/05 16:31
|管理運営 / 最上義光歴史館|当サイトについて
Contents 204件 Today 69件 Yesterday 72件 Access 1,269,440件